しづみといっしょ~ウサギと同棲始めました~

初めてうさぎと暮らしてます☆日々新鮮な発見と喜びと苦悩の連続!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も異物飲み込み事件があり・・・


二日続けて病院へ・・・

P1000135.jpg


人聞きの悪いこというんじゃありません!!


P1000137.jpg



不機嫌なしづみ。

お外で待ってます。

P1000143.jpg


ちゃんとおやつは持ってきておりますわよ(w

P1000145.jpg



今日はよつばちゃんじゃなく、

不正咬合で通院のちっちゃいハムスターおねいちゃまと一緒です。


P1000149.jpg



今日は外は暑かったけど
風が心地よかったのでお外で一人写真会(w

いつもよりたくさん写真を撮りました。

本日はちょっとした主治医に提案をしました。

最近、私の住む東京でも地震が起きたりしています。

予想では、近い将来大地震が来るとも言われています。

もし、震災がやってきたとして
自分の身を守るのにやっとな状況で

じぶんの仔の安全を守ることは容易な事ではないように考えています。

災害時などは、動物愛護ボランティアなどが被災した動物たちの保護及び、里親探しを行うのですが(私が所属してる愛護団体もその活動をしていますけど・・・)


その際に、元の飼い主さんとめぐり合う動物たちも居れば、現状飼い主さんとはぐれて、新しい里親さんの下での生活を始める仔も居ます。

現在、義務化はされていませんが、
犬猫に関してはマイクロチップを体内に埋め込むという方法を取ることが出来ます。

このマイクロチップが、近い将来埋め込みが義務化されることになりました。

さて、ここに目をつけた私。


うさぎにマイクロチップを埋め込むことが出来ないものかと。

我が家はアニコムに加入してるのでアニコムでDNA鑑定で固体識別は出来るようにはなってるのですが・・・

震災時にアニコムの固体識別機能が正常に稼動してる保障はないわけで・・・


ということで、

師長が主治医の命を受けてマイクロチップの業者さんに聞いてもらうことに。

もし可能であれば、今度の去勢OPEの際に全身麻酔なので一緒に入れてもらうことになります。

かなり太い針で入れるので痛みもそれなりにあるそうです。

主治医にこの話をしたところ

『そんな・・・ウサギにマイクロチップを入れるなんて今まで聞いたこと無いんだけど・・・でも確かに入れていれば、情報も分かるし理論的にウサギにも安全性が確認されていて、ウサギの情報を保存してくれるのならやっても良いかもね』


とのことだったので


もし、業者さんの答えによっては


ウサギでは珍しいマイクロチップを埋め込むことになりそうです。
(うちの病院では初みたい)


・・・・・なんでも心配性な飼い主なもんで・・・


自分でも、思いつくだけのことはやってあげようと思ってね(超過保護ですわよ・・私)

ついでに、ウサギの強制給仕用の先の長いシリンジを入手した私(私の知り合いの動物病院で取り寄せてもらいました。エキゾ専門病院ではこれを使ってるらしいです)

このシリンジの良い所は
先が長いので
ウサギの口に突っ込めば
ウサギが吐き戻せないところまで入れることが可能で
効率よく給仕が出来るのです!!



・・・多分、こういうことに関してはかなりのマニアックな私です(汗

で、
これをお世話になってる病院でも取り寄せられないかと聞いたのです。


またしても師長が呼ばれ・・

マージンがついて高くなってしまうが取り寄せは可能だとのこと。

『でも、卸値がわからないからねぇ~』

って主治医の言葉に

ほら来た!と言わんばかりに原価を教える私(笑。


・・・・・原価くらいちゃんとリサーチしますがな(ニヤリ


ってことで主治医にも


『さすがだね・・これなら探り入れずに済むわ~~(笑』

ですって。

我が家の家訓は
 

備えあれば憂いなし


です(w


P1000151.jpg


スポンサーサイト
テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sidumitoissyo.blog103.fc2.com/tb.php/48-3b0990a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。