しづみといっしょ~ウサギと同棲始めました~

初めてうさぎと暮らしてます☆日々新鮮な発見と喜びと苦悩の連続!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、ペレットを食べる量が徐々に少なくなってきたしづみ。

本日の朝帰ってきたら餌が半分も残っている状態・・・。

こりゃ・・・食滞!?

なんて思いつつ、ウサギ先生に電話。

現状をお話して、有効な手段を聞くことに。

多分、いつも行ってる病院ではこの場合注射となるだろうし
もし、ウサギ先生のところに行っても注射なら近くの病院で治療しようと思ってることを話して・・・
そして・・・いつもの病院へ。

P1000577.jpg



P1000576.jpg


P1000579.jpg



受付で名前とどんな症状で来たかを書く欄に『食滞』と書いて主治医を指名。

診察室に入って開口一番

『なに?自分で勝手に予測立てて来たの?』

と嫌味・・・・。


ここから私と主治医の戦いが始まるのですが・・・


まずは主治医に

『なぜ、食滞だと思ったのか?』

取調べのような一問一答が続き

仕舞いには

『その知識・・一度全部忘れたほうがいいよ・・』

と言われる始末。

『じゃあ、忘れさせてくださいよ!』

というと

『えっ?殴っていいの?』

と殴る気なのかよ!?とビックリし(汗

で、

『胃は触ったんですが・・・そんなに問題ないと思うのですが・・』

『いや・・少し硬いよ』


・・・・・駄菓子撃沈orz
ごめん・・しづみ。硬かったのね・・少し。

まだ続く一問一答(w


『で、食滞になった原因は何だと思ってるの?』

と聞かれ

『換毛における初期の毛球症だと思っています』

と答えた私。

『毛球症の代表的な症状は出てるの?糞に毛は混じってる?』

『混じってます』

この質疑応答の際にも主治医はしづみの触診を続けます。



で、診察が終わり

季節の温度・湿度が最近めちゃくちゃだからね~と

食滞ってことで胃腸の動きを促す注射を打つことになりました。


で、注射を打ったあとに

『食滞って書いちゃ駄目なら、今度からこういう症状が出たときにはなんて書けばいいんでしょうか?』

と聞いてみた。

そしたら

『食滞でいいんじゃない?ほら・・予想診断当たってたわけだし~』

ってなんとも奥歯に何かが挟まったような物言いorz



通院ペースなのですが


『明日になって状態・食欲が100%になったら連れて来なくて良いですけど、そうじゃなかったらとりあえず毎日来て注射ですね』




早く言えば

『毎日数日は来い』

と言えば良いじゃん!と思ったり・・・。


でも


『でもね、この状態でちゃんと病院に連れてきてくれる飼い主さんだから安心ですね。普通はもっと状態が深刻になってから連れて来る飼い主さんがほとんどだから・・数日で回復すると思いますよ』



一応フォローのようなものも入れておりました。

明日も通院&注射かなぁ?

こんなときに


VIVA!アニコムです。

お会計が半額~~~。

入ってなかったら破産ですね・・絶対。

にほんブログ村 うさぎブログ レッキスへ



スポンサーサイト
テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。