しづみといっしょ~ウサギと同棲始めました~

初めてうさぎと暮らしてます☆日々新鮮な発見と喜びと苦悩の連続!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました~、動物病院へ。

P1000141.jpg



しづみは・・外が暑いこともあり、

今日はお留守番。


もし、新鮮な便が取れたら一緒に連れて行こうと思って


お出かけの一張羅を着せてスタンバイしてたのですがね・・・

P1000166.jpg



だるそうにしております。


さて、

今日病院に行ったのは

先日お話したマイクロチップに関して

業者さんに問い合わせしてもらってた結果が分かりましてね。


で、


ウサギにもマイクロチップを埋め込むのは可能だそうです。

マイクロチップを取り扱う業者さんは

全国に数社あるそうですが

うちのお世話になってる病院の扱ってるマイクロチップ会社で
ウサギの登録は東京都では2羽だけだそうです。



・・・・私は私以外に2羽もマクロチップを埋め込んでるウサギが居ることに驚いたのですが・・・


で、マイクロチップを埋め込んだウサギが何か、弊害が出るかということに関しては

まだウサギ自体にマイクロチップが普及してないので
業者側も予測は出来ないとのこと。

ただ、そのウサギが2002年にマイクロチップを埋め込んでるということしか、
個人情報云々でこれ以上は教えてもらえそうにありません。


ということで
しづみは東京都で3羽目のマイクロチップのウサギになりそうです。


本日は


『そういえば、駄菓子さん、実物見たいっていうことなんですよね~』

ってS先生が


実際にマイクロチップの入ってる注射器とそのマイクロチップを読み取るスキャナを見せてもらいました。


・・・・別に実物見たいなんていったっけなぁ?って感じなのですが(笑。


まぁ、見て損はないかなぁって感じで見せていただきました。


注射器は


針がね・・・


綿棒の芯くらいの太さでした。


こりゃ、相当な痛みがあるだろうなぁって感じでした。


で、


このマイクロチップには


ウサギの氏名
ウサギの種類
ウサギの性別



あとは飼い主の氏名・住所・連絡先ですね。


あとは、

掛かりつけの動物病院名と、担当獣医師の識別ナンバーも一緒に入るそうです。


『ちなみに僕の番号は○○○○○○なんですけどね』

ってS先生に言われ


『いや・・・お前の番号は登録しないから安心しろ』





微笑みながら心の中で思いました(w




これを埋め込むと


全世界(日本だけでなく世界中)で、しづみはしづみとして固体認識されるということになりますね。

なんか飼い主としてはそんな些細なこともうれしいなぁって思っちゃったり。


マイクロチップの普及は進んでいるのですが

『とはいってもね、この業界は足並み揃うのに結構時間が掛かりますからね』

という言葉で分かるように

まだまだ輸入が規制されている特定外来種には販売時点や繁殖時点で埋め込むのですが

それ以外は結構普及はしてないそうです。


『埋め込む人はやっぱり・・・海外とか、外国にペットを一緒に連れ出す人とかがほとんどですよ』

とS先生にも言われました。



しかし、私は自分がこうだと思ったら即実行派ですので

他人がどうとか関係ないのですよ。




で、費用の件になり

昨日師長は

『多分、犬猫と同じ料金で大丈夫だと思います』

とのことだったので


それも聞いてみたら


埋め込むのに5000円。

別途登録料として1000円を支払うらしい。


私・・・一万くらい掛かると思ってたんだけど





ということで、本日OPEの際に一緒に埋め込むことにしました。


ということで

今月はしづみの去勢もろもろで5万は準備しないとなぁって感じです。


スポンサーサイト
テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。