しづみといっしょ~ウサギと同棲始めました~

初めてうさぎと暮らしてます☆日々新鮮な発見と喜びと苦悩の連続!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はしづみの検便に病院によつままさんと行きました。

大雨なのにね(アホ。


今日は主治医の日だったんですけど

どうも診察前に業者さんが来てちょっと待つ感じになりました。


師長と診察室で待ってたのですが、
先に体重と体温測ることに。


体重1.9kg


・・・・もうすぐで


ミニレッキスから


ウソレッキス(←これは私の造語ですが)になってしまいます(w


さて、診察室で主治医を待っている間

しづみが退屈そうだったので診察室の中で放牧(w


怖がるかなぁって思ったんですが

確かに最初は怖がってましたけど


徐々に慣れたのか


診察室の中を探検(笑

師長のところにもご挨拶に行っていました・・・




・・・・・そして師長の靴に臭い付けをしれっとしておりましたorz


うさぎの癖に!!



さて、


診察は・・・


検便用のうんぴがないので診察のみ。



お前は何しにいったんだよ~~って声が聞こえてきそうなのですが


言い訳させてください!



病院に行く直前にうんぴを採取しようとトイレで待っていたのですが




・・・おしっこも一緒にしやがったぁ~~~orz



で、


どうも口周りが濡れてるという診察結果でした。


『顎の下・・濡れすぎです。これは異常ですね~、注意してみててください』


ですと。



以前大騒ぎした顎の下の濡れですが


どうも今のしづみは濡れすぎらしいです。


確かにカピカピはしてますが・・・・・


そんなに異常だと思っても見なかった私。




そういえば・・・・すごく気になることもあるんですよ・・・



我が家では牧草フィーダーは木製を使ってるのですが



例の脱走事件のあとから


今までやらなかったのですが




フィーダーを破壊するようになったの。


一代目は三日で使用不可能に



そして

二代目は二日で使用不可能に・・・・



一個900円もしますが・・しづみ。


ちょっと心配だったりする飼い主です。


とりあえず、近々、また検便に通院しようと思ってるので


そのときにいろいろとお話を聞きたいなぁと思っています。

P1000092.jpg



元気なんだけどねぇ・・・・・

少し体重も増え気味なので・・


量をもう少し調節しなきゃなって思ってます。


診察中に


『段々、玉大きくなってきましたねぇ~』

っていわれたので


『もうすぐ取り頃ですよ~』

って答えた私。


そしたら


『女の子が取りごろとか言っちゃ駄目だね・・・(w』

って笑われました。



とりあえず私は女の子じゃないってことで一件落着したのですが・・。



玉の具合を確かめようとした主治医なのですが



『玉・・・思いっきり引っ込められちゃったんだけど~』






あんまりデリカシーの無い主治医に怒ったのか


しづみに玉を格納されたらしい(w


もうちょっとしたらその玉もさよならです。




P1000111.jpg



明日・・検便行きたいなぁ~~




実は閉院ギリギリにハムのことでまた通院してた飼い主です。
ハムの診察の時は

主治医とT新人獣医ペア  with 診察室の外からギャラリーで、S新人女医さんとK獣医さん

何故かギャラリーが居ました(笑。


で、ハムの診察はまた他のところで書きますので割愛して・・・

お会計の時に

しづみの顎の下の濡れに関して聞きたいことがあったので

受付に主治医を呼んでもらったのです。


そこで少しお話を・・・。


しづみの顎の下の状態についての話だったんだけど


しづみの顎の下(以後臭腺)が濡れてるとどういった症状が出てどのような状態なのかという話だったのですが

まず、どんなことが考えられるかというと・・

まぁ・・・みなさまお分かりのように歯の異常です。

で、どんな症状がでるかというと

1、食の好みが変わってくる

2、食事の量が少なくなる

3、硬いものを齧る様になる

4、うんちの量が減る

5、うんちの大きさが小さくなる

(順不同でございます・・まだあった気がするんだけど・・・)



我が家で今当てはまるのは

硬いものを齧るというのだけですが


この状態は、しづみ自身が何か違和感を持ってやっている場合の行動で
目に見えて状態が悪いとはわかりにくいそうです。

よく、口周りがよだれで汚れるのが不正咬合の症状だと言われてるけど
その状態は言わば症状の中では末期状態だということで
今のしづみの状態ではまだ確定診断はつけがたいので経過観察とのことでした。

しかし、よだれが出てるとは言っても
しづみの口の周りが汚れてるわけではないのですが

臭腺の濡れかたは

普通のウサギの臭腺に比べたら濡れすぎだということです。

なので、よだれが出ているのではないかという診断のようです。

でも前にも書きましたが口周りが濡れてるわけでもないのに

どうしたら顎の下が唾液で濡れるのか!?


その際に考えられることとしたら

しづみがごろーんってしてるときに
口から出たよだれが前足に付着して

それが顎の下に付着してる・・・(?)かもしれないと。


で、実際のところは

口の中をちゃんと見てみないとわからないとのことです。

現在無麻酔で診れる範囲では異常は見つかってないのですが

麻酔をかけて奥までチェックすればもしかしたらわかるかもしれないとのこと。


そこで、飼い主から

来月半ばに予定している去勢OPEの際に一緒にチェックしてもらうことはできないかと打診したところ(ほら、OPE終了してから少しは余裕もって麻酔をかけてるはずなので・・その時間で・・と)


しかし・・・それは難しいらしいです。

ウサギのOPEに使用する麻酔(名前忘れちゃったよ~・泣)の特性に関係してるらしく

ウサギの麻酔は呼吸をしたままの状態でかけてるのですが
ウサギを麻酔から覚醒させる方法が
「麻酔の濃度を徐々に下げる」
「ウサギに刺激を与えて徐々に覚醒させる」

という方法らしいのです。

で、

奥歯の状態を見るにはいろんな器具を口内に入れて口を開けたりするので

それに去勢OPEの体位とまた違うので
麻酔にかかってるしづみを動かさないといけないので・・・


そうです、そのしづみの体位を動かした際に

上記の
「ウサギに刺激を与えて覚醒させる」行為に近いことを行うことになるので
麻酔から覚醒する可能性が高いということになり

そこで、さらに麻酔の濃度をあげる処置をしなければいけないこと。

いわゆる、二度麻酔をかけることになるのですよね。

その場合、麻酔によるリスクはさらに大きくなるわけで・・。

そこまでして、現段階で調べる必要性はないと

飼い主・主治医とも考えがまとまって

しづみは今度、特段なにもしないで
いつもの状態で様子を見て
異常があればその都度総合的に判断して治療していくということでお話は終了しました。

なんでもないと良いんだけど・・・ね。

スポンサーサイト
テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。